青島です。

令和時代に入って1週間が経ちましたが、相変わらず暗いニュースが多い印象です。

まあ・・・しょうがないんですけどね・・・暗いニュースの方が、広告の反応率が上がると言われてますから(^^;)

あなたが無料で見ているテレビやニュースも、広告収入で成り立っています。

基本的に営利目的の企業が発信する情報なので、広告の反応率が上がる情報(発信者側の利益になる情報)以外は、本来は発信する必要が無いわけです。

なので、本当に暗いニュースばかりなのかもしれませんが、公にバラまかれている情報は、ネットのニュースはもちろん、テレビだろうが新聞だろうが雑誌だろうが、言っていることを真に受け過ぎない方が良いです。

なるべく自分で情報を精査する力を付けていくと、それだけで人生が豊かになると思いますよ(^^)
 

というわけで、今回は一見、真面目そうな投資スクール?の案内かもしれない投資スクールの情報。

「吉田裕章 投資のススメ 勝利の方程式」を検証していきたいと思います。

内容的には日経225先物取引を利用した投資方法らしく、確かに初心者におすすめのように聞こえるかもしれませんが・・・(笑)

株式会社トラヴィスコンサルティング 吉田裕章の勝利の方程式 Yoshida Investors Clubが危険な理由

販売会社 株式会社トラヴィスコンサルティング
運営責任者 吉田裕章
所在地 東京都港区南青山6丁目7-2 VORT南青山4階
検証と分析のための画像引用:yic-p.net,youtube.com

吉田裕章の勝利の方程式 日経225投資方法が投資初心者におすすめできない理由

今回の吉田裕章氏の日経225先物取引を利用した投資方法である「投資のススメ 勝利の方程式」ですが、動画を見るかぎりではまともそうで、吉田裕章氏の投資方法で稼げると感じている初心者の人もいると思います。

また、吉田裕章氏は「Yoshida Investors Club」で、投資手法を学んでもらうプログラムの他、「毎日2回、朝8時前後と夕方16時30分に私が答えを届けます。」と宣言しています。

メールで配信される内容とは、コピートレードのようなシグナル配信のようなものでしょうか?

知識や情報網による恩恵を一身に受けることができます!そして、私が勝ち続けている投資の極意を「稼ぎながら継承すること」ができるのです!

私の35年間で体得した全てが受け取れるプログラムが完璧に詰まっています。

もしかしたら、吉田裕章氏のこのアピールで、今まで投資スクールで失敗した人も「今回は稼げるかもしれない!」と感じているかもしれません。
 

しかし、そんな甘い話なんてあるの???っていうわけですよ(笑)

吉田裕章氏の話が本物だったら、すでに大金を稼いでいるトレーダーの人だって注目するはずだけど、そんな様子もありません。

実際に吉田裕章氏の経歴を見ても、本当かどうかは別として、そこそこすごいようなことが書いてあります。

しかし、吉田裕章氏の評判を調べてみると、まあ・・・出てくる出てくる「悪徳金融」という被害の口コミ(笑)

吉田裕章氏は、過去に株式会社プログレスマインドという販売会社で「投資の達人」という日経225先物取引を利用した投資商材等を販売していましたが、最悪の口コミとともに、最終的には平成27年6月23日付で関東財務局に行政処分が掲載されていました(^^;)

吉田裕章 株式会社プログレスマインド行政処分
(http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp033000083.html)
 

じゃあ今回の「勝利の方程式 Yoshida Investors Club」はどうなの?

というわけで、次に「株式会社トラヴィスコンサルティング」について調べてみると、やっぱり金融庁から行政処分がされていた過去がありました(爆)

吉田裕章の株式会社トラヴィスコンサルティングの行政処分の内容

吉田裕章氏の株式会社トラヴィスコンサルティングの行政処分の内容は、簡単にいうと「無登録業者に名義貸し」ですね。

単なる名義貸しって考えると、行政処分の重さは大したことないと考える人もいるかもしれませんが、「無登録業者に名義を貸せる程度の会社の運営しか実績がない」とも取れます。

ちゃんと実績があって、利益を出し続けている会社ならば、訳の分からない怪しい業者に会社の名義を貸すなんてことは、普通の神経では、まず考えられません。

ってことは、吉田裕章氏の株式会社トラヴィスコンサルティングの実績って、実際どうなの?って話ですよ。
 

一応、株式会社トラヴィスコンサルティングは「プレミアムストッククラブ」という名義で投資サイトを運営しているようですが、プレミアムストッククラブのプライバシーポリシーを読んでみると・・・

株式会社トラヴィスコンサルティング プレミアムストッククラブ

【個人情報の利用目的】
提供して頂いた個人情報の第三者譲渡について、 同意がない状態で第三者に個人情報を譲渡する事は原則ありません。

・・・とは書いてあるものの、その後に長々と下記のように公表されています。

当社の提携会社・団体(以下「提携会社等」といいます)への会員登録情報の提供、広告等の情報提供、並びにその他付随する業務を行うため。そのため、本サービスの会員による提携サービスの利用のため、会員が利用登録した全ての情報、すなわち、プロフィール情報、登録情報、及びその他会員が入力した情報全てを、コンピュータを用いたデータの複写により、提携会社等に開示します。

必要な範囲内において、個人情報の取り扱いを委託し、メールや郵便物の処理と送付、会員サポートの提供、配送の手配、当社サービスの統計分析 処理等の特定のサービスを他社に委託することがあります。

株式会社トラヴィスコンサルティングって、名義貸しの会社でしょ???

ということは、プライバシーポリシーに書かれていることを考慮すると、登録した時点で、ほぼすべての個人情報が提携の悪徳業者にも垂れ流し状態になる可能性が高く、株式会社トラヴィスコンサルティングは非常に危険な会社と言えます(笑)

一応、金融庁の公式サイトと、証券取引等監視委員会の公式サイトでは、株式会社トラヴィスコンサルティングの行政処分の内容が書かれていますが、関東財務局の公式サイトに掲載されていた行政処分のページは削除されたようです。

株式会社トラヴィス・コンサルティングに対する行政処分について(金融庁)
(https://www.fsa.go.jp/news/25/syouken/20140228-5.html)

株式会社トラヴィス・コンサルティングに対する検査結果に基づく勧告について(証券取引等監視委員会)
(https://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2014/2014/20140221-1.htm)

株式会社トラヴィス・コンサルティングに対する行政処分について(関東財務局)
(http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp033000047.html)

僕が思うに、吉田裕章氏と株式会社トラヴィスコンサルティングは、平成26年2月末に受けた行政処分から5年が経過したため、公共機関のサイトから記録が消され始めたのをいいことに、また怪しげな活動を始めたのかな?という印象です(笑)

だいたいこういうのって、5年とか経過すると公的なページから削除され始めることが多いですからね。
 

というわけで、今回の「吉田裕章の投資のススメ 勝利の方程式 Yoshida Investors Club」に参加しようか迷っている人もいるかもしれませんが、吉田裕章氏の評判も株式会社トラヴィスコンサルティングの評判も経歴も、最悪です。

行政処分されている会社が、永久に悪徳というわけではありませんが、株式会社プログレスマインドという販売会社でも怪しい投資商材を販売していたと考えると、その性根が簡単に改善されたとは思えません(^^;)

吉田裕章氏の「Yoshida Investors Club」に参加しようと思っている人は、投資のリスクの前に、吉田裕章氏と関わること自体のリスクも検討すると良いと思います(笑)

よかったら参考にしてみてください。

何か質問や相談があれば、お気軽にメールくださいね。

ではでは、青島でした。

【オススメ記事】
原因と結果の関係!稼ぐために必要な行動を意識しろ

ネットビジネスで稼ぐために必要な法律の知識とは?